自動車保険の損害保険について私が普段感じていることを率直に語らせていただきたいと思います。

ココを押えよ!自動車保険の大切なポイント
ココを押えよ!自動車保険の大切なポイント

自動車保険の損害保険について

自動車保険についてとくに私の経験から普段感じていることを率直に語らせてもらいます。ズバリ!とくに損害保険の内容がわかりずらすぎます。自動車保険の補償の種類としては事故を起こした際の相手への賠償、自分のけがの補償、車の補償等々があるわけなんですが、実際に十年以上も車を運転してきた私も何度か交通事故を起こしました。幸いにも大きなけがを負わせるような大事故には至らず良かったんですが、その際の自動車保険の会社の対応はお世辞にも良かったとは言えない内容ばかりでした。私が実際に起こした事故によって怪我を負った事故は一軒もなかったんですが、それでもお互いの車は損傷しましたし、まったくの無傷で事故がおさまるわけもなく自分の自動車保険会社と相手の保険会社との話し合いによって私は当初おさまるものだと思っていたんです。しかし、実際にはそんなことは一切なく私が相手の保険会社と示談交渉を一切すべて取り仕切り事故処理を終えました。初めて事故を起こした時は完全に相手の確認不足で一方的に相手にぶつけられてしまっての事故ケースだったんですが、なにぶん初めての事故で何をしていいものやらさっぱりわからず、損害保険のサービスに示談交渉サービスなる特約もしっかりついていたので、私は安心しきっていました。しかし、私の入っている自動車保険会社からの回答は示談交渉はお客様ご自身で行ってくださいという信じられない答えだったんです。その理由としては自動車保険会社同士の示談交渉の場合、明らかに相手の過失がほとんどの場合であっても強気な交渉は出来ずにだいたい相手7割こちらが3割ていどの過失割合にしかもっていけないんだって言うんです。この話を聞いた時私はかなりの衝撃を受けました。どんなに相手が悪くても会社同士の馴れ合いのかんけいで事故を起こした当事者たちの正当な示談交渉は行えない。っていうか拒否させていただきますって言われたんですから。結局私は個人で相手の会社と交渉し相手が9割わたしが1割の過失で収めました。それってなんにもサービスになってないですよね!

お役立ち情報